私たちの目的

困った時にたたけるドア

 セプテンバーハウスとは日本人ボランティアグループで、困った時に手を差し伸べあえる日系コミュニティー作りを目指しています。


あなたに助けが必要になった時、もしくは助けが必要な人を知っている時などに私たちのドアを気軽に叩いてみてください。まずはご相談に乗らせて下さい。そこから何が出来るか一緒に考えていきましょう。

image1

お知らせ

image2

2019-2020シーズンの日本食支援の受付を開始

今シーズンの日本食支援の受付を開始しました。

日本食支援はワシントンDCエリアの日系の方であればどなたにも提供しています。暮らしにお困りの方への基本セットから、普段の暮らしはなんとかなるけれどお正月や子どもの節句をお祝いする余裕がない方への季節食まで、日本食支援の申し込みを受け付けています。また支援を必要としている方へをご存知でしたら、どうぞセプテンバーハウスの日本食支援をご紹介ください。受付フォームはコチラです。

Open Houseを11月2日に開催

今年もより良い日系コミュニティづくりを考えるオープンハウスを開催いたしました。今回は参加者4名(+お子さん1名)、連携団体より講師が1名、セプテンバーのメンバー5名、運営ボランティア2名のご協力を得て、総勢13名が集う大変有意義な会となりました。

MOCO Community Food Rescue (CFR) mini-grants助成団体に決定

昨年に引き続き、セプテンバー・ハウスMAJはメリーランド州モンゴメリー群のCommunity Food Rescue (CFR) mini-grantsの助成団体に決定いたしました。日系人の文化にあった食料支援を必要な肩に届けます。

セプテンバー・ハウス通信を発行しました

2018-2019年の活動をご報告する「セプテンバーハウス通信 vol1 2019年秋」号を発行いたしました。今後も継続して発行してまいりますので、ご希望の方はこちらからお申し込みください。

イベント・プログラム

おむすびの会

みんなでおむすびを食べながら、おしゃべりをする会です。2ヶ月に1回程度の開催となります。

オープンハウス

より良い日系コミュニティづくりを考えています。年間2回程度の開催となります。

日本食支援

暮らしにお困りの方々に日本食材の支援を行なっています。2019年度モンゴメリー・カウンティ助成事業。支援申し込みはコチラまで。

暮らしの困りごと相談

身体的、物理的、情緒的、経済的に様々な困難を抱えている方のご相談をお受けしています。臨床心理士、ソーシャルワーカー、看護師などがご相談をお受けします。

寄付

セプテンバーハウスの活動を応援してくれる方からの寄付を受け付けています。

現在、GoFundMeでもキャンペーンを開催中です。いずれからでもぜひご協力ください。

ボランティア

各種イベント・事業のボランティアを募集しています。

セプテンバー・ハウス通信

皆様にセプテンバーハウスの活動を知っていただくセプテンバー・ハウス通信を発行しています。ぜひご登録ください!


image3

連絡先

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

個人情報、お寄せいただいたお問い合わせ・相談内容は厳重に取扱い、プライバシー保護に努めます。

セプテンバーハウスは501(c)(3)のNPO(非営利団体)です